販売・全国発送

期間  9月中旬頃〜12中下旬頃まで
 販売時間   am 9:00〜pm 4:00
 ※ ご来園の際は電話連絡にてご確認ください
Tel  0278−62−6931

   品種・時期

  オーロラ  9月中旬頃〜
  長十郎(日本梨)  9月下旬頃
  ラ・フランス  11月上旬〜中旬頃
  シルバーベル  12月上旬〜中旬頃

   西洋ナシの魅力


  •  西洋ナシは芳醇な香りがして、さらに滑らかな肉質と食感が魅力的な果物です。
  • ただし、日本の梨と違い樹の上で成熟するのを待っていると、水分が抜けて味がしなくなり、ぼけてしまう特性があるため、収穫後一定期間置く(追熟)ことで果肉の甘さが増し、また、軟らかく香りもよくなったら食べ頃を迎えます

   なぜ西洋ナシには追熟が必要なのか?


  •  果実に十分な栄養素が蓄積しても果実が果肉に糖分でなく、デンプンなどの状態で蓄積をするために甘味を感じることが出来ません、そのため収穫後一定期間置く(追熟)ことで、植物成長調節物質(植物ホルモン=エチレン)が生産され、その作用によりデンプンが分解されて糖質が作られ、さらに果肉の細胞組織が分解(果肉の軟化)し、その際、芳香物質が作られます、そして香りが強く感じられ、果肉も軟らかくなった頃が甘くて美味しい西洋ナシの食べ頃になります。
  • ※ このような後熟の特性がある果実には西洋ナシの他メロン・キウイフルーツ・バナナ・アボカドがあります。

   西洋ナシの追熟完了(食べ頃)の取り扱い!


  •  果皮色が黄褐色に変わり(ラ・フランスは果皮色の変化がわかりにくい)、果皮に弾力がでて手にしっとりした感じがあり、甘い香りが強くなった頃が食べ頃になります。
  •  やや硬めや軟らかめの好みはありますが、食べ頃の期間は約4〜5日程度です。
  •  追熟完了果を冷蔵庫に冷蔵保存させると食べ頃の期間が数日延長できますが、完熟した西洋ナシは傷みやすいので過信せずにお早めに食べるようにしてください。